愛媛を舞台にした作品を書きたいー。愛媛の人に愛される物語を作りたいー。

 

 

 『かなしきデブ猫ちゃん』は、そんな思いつきから始まった「挑戦」でした。

美しい愛媛の景色、情に厚い愛媛の人、おいしいみかん、伊方原発、『坊っちゃん』の世界、連載中に起きた豪雨災害…。書きやすいことも書きにくいことも、逃げずに向き合おうというのがテーマでした。

 いつかすべての愛媛県人が知っている物語になるように、他県の人がうらやましがる作品となるために。引き続き『かなしきデブ猫ちゃん』をよろしくお願いいたします。

早見和真 かのうかりん 

​創作童話が1冊の絵本にー。

 

 2018年4月より愛媛新聞にて毎週土曜日に連載していた創作童話『かなしきデブ猫ちゃん』。

  2019年3月25日に絵本を発売しました。連載時より文章はさらに読みやすくなり、新作の絵も追加しています。

 【ベストセラーランキング第1位】明屋書店グループ・児童書(2019/3/27~4/9)・ジュンク堂書店松山店 書籍総合(3/24~3/30)・紀伊国屋書店いよてつ高島屋店 児童書(4/1~4/25)

絵本の購入はこちらから 

 

【試し読み】絵本 第1話「窓の向こう」。

 

 絵本の第1話をちょっぴり公開しました。マルがなぜ外の世界へ旅経つことになったのかー。
 絵本を読んだことがないひと、デブ猫マルのことをまったく知らないひと、ぜひ試し読みをしてみてください。

​セカンドシリーズ「かなしきデブ猫ちゃん マルの秘密の泉」

 

 「飼い主であり大親友のアンナの言葉に傷つき、家を飛び出したデブ猫のマル。黒猫のマドンナを探す旅の中でさまざまな経験をし、一回りも二回りも成長して家族の元に帰ってきた。そんなマルの新たな旅立ち。今作ではどんな展開が待っているのかー。」
​ 2019年9月から2020年6月、愛媛新聞紙面で連載。

大人気!かなしきデブ猫ちゃんグッズ

 

 デブ猫ちゃんのイラストがかわいい、オリジナルのTシャツやトートバッグなどを販売しています。どれも愛らしいデブ猫ちゃんがポイント!一番人気はぬいぐるみストラップ。約半年間で2,000個が完売しました。2020年7月リニューアルして登場。ふてぶてしいマルを忠実に再現しています。

​作者

 

3-2.早見和真.jpg

1977年神奈川県生まれ。2008年、自らの経験を基に野球部を描いた「ひゃくはち」でデビュー。「イノセント・デイズ」で第68回日本推理作家協会賞受賞。2016年から松山市在住。

小説家

​早見和真

4-2.かのうかりん.jpg

1983年今治市生まれ。動物や自然などをテーマに絵を描く。「いろんなおめん」で第6回フジテレビBe絵本大賞入賞。最新作に「おやすみおやすみみんなおやすみ」(金の星社)

​絵本作家

かのうかりん

 

おしらせ

 

新商品「かなしきデブ猫ちゃん」マグカップ、いよいよ販売開始!

Twitterアンケートでファンのみニャさんが決めてくれたマトリョーシカデザインのマグカップだゾ~。プレゼントにもおすすめ。

クリエーターズLINEスタンプ発売中!

​かなしきデブ猫ちゃん マルと仲間たち

マルやマドンナ、旅で出会った仲間たちが愛らしいキャラクターになって登場♪かりんさんが40点を描き下ろし❤

おウチでぬりぬり

​デブ猫「マルアマビエ」ぬりえ公開

物語の紹介や作者・早見からの熱いメッセージ、読み聞かせの短編動画、名場面のイラストなどを楽しめるゾ!

作者のおもい

 

一つの街で、一つの県で、一つの物語を共有する。それを地元の新聞社が牽引(けんいん)する。

ある地方都市の未来図として、そのイメージが間違っているとはどうしても思えません。

個人、企業、行政、新聞社の中の人は問いません。

20年後の愛媛の姿を共有してくれる人が一人でも増えてくれたらうれしいです。

​2019年8月 早見和真

 

【お問い合わせ】

愛媛新聞社 地域ラボ推進室

住所:790-8511 愛媛県松山市大手町1丁目12番地1

電話:089-935-2277  FAX:089-935-2278  メール:chilabo@ehime-np.co.jp

※企業様とのコラボ、おはなし会の実施、グッズ取り扱いなど​お気軽にお問い合わせください