創作童話

かなしきデブ猫ちゃん

毎週土曜日 

愛媛新聞朝刊にて大好評連載中

デブ猫ちゃんNEWS

6/9(土)第2部スタート!!​​   
  いよいよ愛と哀しみの大冒険にでるゾ!
6/18デブ猫カーお披露目会開催!​ 
   オレが愛媛を颯爽と走るぞ!!

読み聞かせ会ニュース動画をアップしたゾ! ←NEW!

 

 

ついにマルが

Twitterを始めたゾ!

  • Twitter Social Icon
サイト内のマルのどれかをクリックするとオレのかくしブログが見られるゾ!
 

デブ猫ちゃんとなかまたち

マル

松山市・道後に暮らすオス猫(雑種)

仔猫の頃に「保護ネコカフェ」でアンナ一家に引き取られる。人間にこびるのが苦手。

カリカリよりも猫缶が好き。神経質。

クロネコ

マルの夢に出てくるミステリアスなメス猫。

額に三日月型のキズがある。

茶ネコ

庭にあらわれる野良猫。窓の外からマルをおくびょうものとバカにしてくる。いじわるな顔をしているが、かつお節に目がない。

パパ

おおらかな性格。ガシガシ頭をなでるのでマルからは嫌われている。

アンナ

一人っ子の小学3年生。引っ込み思案。マルの大親友。そばかすとくせっ毛を気にしている。

ママ

やさしい性格。最近フランス語を習い始めた。

スリジエ

マルのあとにもらわれてきたメス猫(血統書つき)スリジエとはフランス語で「さくら」の意味。

人間が好き、猫も好き。甘えん坊で家族のひざの上で寝るのが大好き。

 

これまでのおは

松山市のネコカフェに保護されていた1匹のチビネコ。その場所だけが自分の生きる世界だと信じていたある日、内気な少女アンナと出会い、その家族に引き取られる。「マル」という名前を与えられ、窓から大きな庭を見渡せる家での新しい生活が始まった。

マルが驚いたのが食事のおいしさだった。魚の切り身の入った〝ご飯〟の素晴らしさ。毎日食べて、ゴロゴロして。いつの間にか丸々と太ってしまった。

幸せだったはずのマルの日常は、メスの子ネコ「スリジエ」が家族に仲間入りして一変する。家族の愛はスリジエに注がれ、そのスリジエからいたずらされてばかり。ある夜、我慢の限界に達し、スリジエを組み伏せようとしたマルの耳に響いたのは…。

「コラ!デブ猫!どうしてスリジエをいじめるの!」〝大親友〟だったアンナから放たれたひと言。何よりも悲しそうなアンナの表情がマルの心を締め付けた。

独り窓辺でくるまっていたその夜、突然、窓の向こうにクロネコが現れ、マルにこう告げる。

「気高き者よ。その目で広い世界を見るのです」

言われるままに立ち上がったマル。体の奥底の震えを感じながら、満月に向かってほえ叫んでいた。

「ニャーーーーーン!」

 

愛媛各地を東へ、西へ。愛と哀しみの大冒険がいよいよ始まる!

 

(毎週土曜日「愛媛新聞」にて大好評連載中!)

 
“I'm a testimonial. Click to edit me and add text that says something nice about you and your services.”

作者紹介

絵 かのうかりん

​絵本作家

1983年今治市生まれ。動物や自然などをテーマに絵を描く。「いろんなおめん」で第6回フジテレビBe絵本大賞入賞。最新作に「おやすみおやすみみんなおやすみ」(金の星社)

(コメント)

モフモフで抱きしめたくなるようなその見た目とは裏腹、人間にこびられない不器用なデブ猫の“マル”。そして物語に登場する、かわいいけどちょっと毒のある、いろんな性格の猫たちをそのまま描きたいと思います。

 舞台となる、故郷の愛媛のゆったりとした風景を描かせていただくことも楽しみです。

かのうかりんオフィシャルサイト

http://calinbell.com

 

文 早見 和真 

​小説家

1977年神奈川県生まれ。2008年、自らの経験を基に野球部を描いた「ひゃくはち」でデビュー。「イノセント・デイズ」で第68回日本推理作家協会賞受賞。2016年から松山市在住。

(コメント)

はじめての童話、はじめての試み。使ったことのない脳みそをフル活用させる毎日です。

代表作は「イノセント・デイズ」でもなく、「ぼくたちの家族」でもなく、「かなしきデブ猫ちゃん」の人。愛媛県内でそう言われるようになったら、この勝負、僕の勝ちです。

早見和真作品紹介​

このお話ができるまで

「絵本を作ってみたいと思ってるんだ」

創作童話「かなしきデブ猫ちゃん」の物語は、小説家・早見和真さんのこのひと言からすべてが始まりました。 

2016年、静岡県河津町から愛媛県松山市に移住した早見さん。それまでは周囲との関わりを断ち、ストイックに執筆に臨んでいましたが、「いで湯と城と文学のまち」である松山で、心を開き、人と接しながら小説を書いていく道を選びました。

その中で新たに芽生えたのが、「物書きとしていかに町おこしに関わっていけるか」という思いでした。一方で、自宅の飼い猫をモデルにした物語を書いてみたいとも考えを巡らせていたある日、ふと浮かんだそうです。

 

この子が家を飛び出し、愛媛中を旅する冒険譚を描けば、何か力になれるのでは-。

2つの思いが結び付き、デブ猫ちゃんプロジェクトの歯車が動きだしました。

小説ではなく、あえて童話を選んだのは、早見さんが作家人生で初めて、一人娘をめがけて書くと決めたから。相棒に選んだ絵本作家・かのうかりんさんも一人娘を持つママです。新境地に挑む早見さんを、かのうさんの見る人の心を包み込むような優しさに溢れた絵が支えていきます。

文章が苦手な子どもたちにも読んでもらいたいとの願いを込め、愛媛新聞で週1回ペースでの連載です。2人は主人公のマルになりきって、一足先に愛媛県内各地を巡りました。きれいな風景を見て、おいしい食べ物に舌鼓を打ち、地元の人たちとも触れ合いながら…。みなさんが住んでいる町も、いつか登場するかも知れません。

2018年4月、いよいよ、「かなしきデブ猫ちゃん」の本編スタートです。これから待っているのは一体、どんな物語でしょう。マルが繰り広げる愛と哀しみの旅、そして、その活躍にご期待下さい。

​(愛媛新聞 生活文化部 山本憲太郎)

 

お問い合わせ

愛媛新聞社 地域ラボ推進室

 

住所:790-8511 

愛媛県松山市大手町1丁目12番地1

電話:089-935-2277  FAX:089-935-2278

chilabo@ehime-np.co.jp

愛媛新聞ONLINE

https://www.ehime-np.co.jp/